アントシアニンで目の健康を守る|毎日の健康はサプリメントでつくる

疲れ目以外のメリット

笑顔の女性

赤や紫の野菜や果物に多い

アントシアニンはポリフェノールの一種なので人が健康を維持するために重要な役割を果たす成分です。アントシアニンは色素であり、紫色や赤色が特徴です。ブルーベリーや紫芋などがこの色素を含む食べ物として特に有名で、サプリメントにもよく使われます。しかしブルーベリーだけでなく、アントシアニンが摂れる果物としてはほかにもイチゴやリンゴなどがあります。紫色の野菜としてすぐに思い浮かぶのは茄子や赤紫蘇ですが、もちろんこうした植物にもアントシアニンが豊富に含まれています。特有の色の美しさにより、アントシアニンには食物用の色素としても活用されてきた歴史があります。現在、アントシアニンを摂ることで目の疲れを癒す効果があるとわかっており、その目的でサプリメントにも配合されています。

脂肪の蓄積を防ぐ効果も

アントシアニンは疲れ目などに悩む人に人気です。しかし野菜や果物から毎日大量にアントシアニンを摂ることはなかなか難しいと感じている人が多く、そのためサプリメントを使って摂る人が年々増えています。今ではスーパーマーケットの食品売り場でも、この成分を配合したサプリメントや健康食品、あるいは菓子類などが数多く販売されています。最も人気があるのはブルーベリーを原料に使ったサプリメントです。アントシアニンが目のために有効だということは多くの人に知られていますが、脂肪が体に蓄積されるのを防ぐ効果もあるということが最近の研究によってわかってきました。このため、これからは疲れ目に悩む人だけでなく、メタボで悩んでいる人にもアントシアニンのサプリメントが人気を呼びそうです。

Copyright ©2016 アントシアニンで目の健康を守る|毎日の健康はサプリメントでつくる All Rights Reserved.